歌上達の方法:強弱・抑揚を付けて表現を豊かにする(ボイトレ講座)

ボリュームの大小、アクセントの強弱を意識しよう!(上手く歌うコツ)

今回は、

ボリュームの大小を
コントロールするための、
イメージ作りについて解説しますね。

歌を歌う時、
声の出し方にいろいろ
変化を付けると思いますが、
その中で”声の大きさ”
という項目があります。

思い切り力強く、
大きな声で歌う時もあれば、
優しく、ささやくように歌う時も、ありますね。

この時、
ここでこのぐらいの
大きさで声を出そう、
と思うことが大事なんですが、
それを思った後で、
実際にその大きさの声が出せないといけませんよね。

これを練習するにあたって、
3パターンの考え方があります。

まず1つ目、
これは単純な話ですが、
この音を大きく出しましょう、
もしくは小さく出しましょう、
と具体的にリクエストして、
ボリュームの大小、
アクセントの強弱に変化を付けていきます。

この
「大きく」
もしくは
「小さく」
という言葉で
発声がコントロールできる人は、
当然、その言葉でいろいろと
変化が付けられるというわけです。

自分のさじ加減で、
気持ちのいい音量変化を
考える力がある人は、素晴らしいですね、

しかし、半分以上の人は、
大きく出す、
と言ってもどうやって、
どのくらい変化を付ければ
狙った声が出せるのか、
ぼんやりとしてしまっているのではないでしょうか。

メルマガ

そうなると、
身体に余計な力を入れてしまったり、
入れるべき力を入れられなくて、
細かなボリュームのコントロールができなくなります。

そこで出て来るのが2番目の考え方で、
具体的な発声動作を理論的に理解して、
身体の動きをイメージしながら声を出します。

すなわち、
肺の下部にある
横隔膜という筋肉を上に強く、
急いで押し上げることで
強風を送り声帯をしっかり鳴らし、
次に出す1音のボリュームを
大きくする、といったイメージを持ちます。

この場合は、
腹部に入れる力の加減、
そして喉の震える強さを”思いながら”歌っていきます。

で、練習の時はそういう感じでいいと思いますが、

本番(ライブや録音)では
そういう理論的、技術的な
アプローチは極力少ない方が、
いいパフォーマンスに繋がると思います。

その日の為に、今考えて習得しておく。そんな感じ。

3つ目は、
これもシンプルな考え方ですが、
「距離」で発声の音量を考えます。

遠くの人に声を掛ける時は、
大きい声を出しますよね?
逆に、目の前にいる人には
やさし〜く話しかけるはずです。

これを利用して、50m先に、とか、
遠く向こうの山のてっぺんまで!
みたいな、距離感をイメージして
そこに声を投げていくというアプローチです。

基礎練習としては、
ドレミファソラシドが
8音あったとしたら、
10m、20m…80m。という風に、
声を掛ける対象をだんだん離していく、とかをやります。

この方法で発声練習や歌を歌うと、
綺麗なのびのびとした(変化球はないですが)、声が出しやすくなります。

上記のようなあれこれを試しながら、
大きく(小さく)出す音を決めて、
その音を出すにはどうイメージして
どう身体を動かすか、を、
コツコツと考えながら
歌の練習に励んでみると、
狙ったところで出したいボリューム、声を出す助けになると思います。

 

手っ取り早く抑揚のある歌にする方法

それから実は4つ目もあるんですが…
これはレコーディングでよく使います。

それは、

歌詞の文字の大きさを変えて、
ビジュアル的にイメージするというものです。

…ちょっと幼稚に思えるかもしれませんが、、

これが結構効果があるんです!

強い後に弱い、弱い後に強い、
という細かな強弱を付ける時、

「大きく」
「呼気の空気圧を強く」
「遠くに」

といったディレクションよりも、
文字の大きさでテンションを変えてね〜、
という感じで歌詞を紙に書いて渡すと、
たちどころに抑揚のついたボーカルに変身することが、あります。

いかがでしょうか?

これらは数あるアプローチの1つにすぎません。

歌を歌う際に、
あなただけのイメージトレーニング法も見つかるといいですね。

頑張りましょう〜。

関連記事

ボイトレ塾

カラオケの歌が上手くなる発声基礎知識!歌上達の秘密を動画で解説

綺麗な声と喉声の違いは?(ボイトレの極意) 今回は、カラオケ上達の為の知識について。 音声と

記事を読む

no image

「歌うための発声練習」をしましょう(ボイトレ塾)

  人気ブログランキングへ   ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人は

記事を読む

ボイトレ塾

根本のリズム感を鍛える方法(ボイトレ講座)

人気ブログランキングへ ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人はこちらへ⇦  

記事を読む

ボイトレ塾

(ボイトレ塾)発声のコツ: 声に表情を持たせるには? (1)

人気ブログランキングへ ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人はこちらへ⇦  

記事を読む

no image

ボイトレ講座: 歌が速く上手くなる人の特徴

  人気ブログランキングへ   ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人は

記事を読む

no image

歌う時のコンディションについて(ボイトレ講座)

  人気ブログランキングへ   ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人は

記事を読む

no image

「カラオケではしゃいでいる人と紙一重」にならない為に。

人気ブログランキングへ ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人はこちらへ⇦  

記事を読む

no image

ボイトレの極意: こう意識すれば貴方の歌は上手くなる

人気ブログランキングへ ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人はこちらへ⇦  

記事を読む

ボイトレ塾

(ボイトレ塾)発声のコツ:声に表情を持たせるには? (2)

人気ブログランキングへ ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人はこちらへ⇦  

記事を読む

ボイトレ塾

フレーズの第一音を外してしまうのを防ぐ(歌上達のコツ)

何かの曲を歌う時の一番初め、 もしくは曲中に長い休符が入って、 その後のフレーズの初めで音を

記事を読む

m
号泣議員の記者会見に学ぶ発声の仕組み(歌の感情表現)

こんにちは、塾長です。 随分前の話になりますが、不正を働いた市会

m
歌手になりたい!でも就職もするべきか? 進路に悩んだ人向けのお話

今回は、質問コーナーです。 -------------- 今

m
オーディションの面接で審査員に良い印象を与える方法とは?

こんにちは、塾長です。 今日は、読者さんからの質問をご紹介します

m
「アナと雪の女王」の主題歌対決!松たか子 vs. May J.の件

こんにちは、塾長です。 「アナと雪の女王」、観たことありますか?

ボイトレ塾
音痴で悩んでいる人向け!克服の具体的解決法(ボイトレ講座)

歌が上手くなりたい!! と思った時に大きく課題となるのは、

→もっと見る

  • ボイトレ、音楽にまつわる濃い情報をメールマガジンでお届けします。
    もっと知りたい人はこちらへ!
    ↓↓↓↓


  • イマイ…通称「兄ィ」。大柄で一見コワモテだが気は優しくて力持ち。アニソンに造詣が深い。「ミーノ」「マブ」「シクヨロ」が口癖。

    Susie…YouTuber女子。マスク姿の可憐なルックスでビデオブログを公開して人気を博している。

      塾長…ボイトレ担当。「そんな歌い方じゃモテないよ!」が口癖。

      リファリファ…声優を目指すコンビニ店員。以前は塾で英語を教えていたが、英語は話せない。

      イモトハチロウ…男のロマンを追求するライター。空港で遭遇した外タレと友達になるのが得意。
Contact

PAGE TOP ↑