フレーズの第一音を外してしまうのを防ぐ(歌上達のコツ)


何かの曲を歌う時の一番初め、
もしくは曲中に長い休符が入って、
その後のフレーズの初めで音を外してしまう、
ということがあります。

いったん歌い始めると音程良く歌えるけれど、
フレーズの第一音を外してしまう、
ということはないでしょうか?

これは、伴奏を聴いてキーとスケールを判別して、
出すべき音を出すという基本が身に付いていないためです。

歌のクオリティは、発音する瞬間、
音の立ち上がりで大きく決まってきます。

その立ち上がりの瞬間に少し音を外してしまうだけでも、
リスナーの聴こえ方が大きく変わってしまうのです。

歌は、伴奏を聴くことで以前覚えたメロディーを
そのキー(調)の高さに揃えて演奏するものです。

このような能力を相対音感と呼びます。

伴奏も何もない、所謂アカペラの状態で
正しいキーをとるのは難しいと思います。

しかし、相対音感を鍛えておけば、
何らかの楽器を前奏として聴くことで、
歌い始めもきちんと音程がとれるはずなのです。

このような課題を克服することも、
ボイトレのテーマの一つです。

対策としては、コード楽器を聴きながらの
スケールトレーニングが一般的な練習方法です。

しかし、本格的なレコーディングを
繰り返していくとフレーズ初めの音程が、
良くなっていくという実例も多いです。

これは、プロ歌手のレコーディングでは
一定レベルの音程がとれないと
そのテイクが採用されないので、
間違う箇所は歌えるまで何度もやり直すからです。

その過程で、音程が課題の歌手は、
正しい音程をとるための音感と
発声法を自然と身につけるのです。

つまり、ただ歌うのではなく
問題点を注意深く探す、
ということが上達の近道なのです。

個人練習では、自分の歌を録音して
一つのフレーズを細かく聴いていく、
ということを繰り返すのも有効な練習法です。

「習うより慣れろ」
という言葉がまさに当てはまりますね。

関連記事

8.6秒バズーカー「ラッスンゴレライ」

ラッスンゴレライ物真似完コピ「やってみた」でリズムトレーニング!(手拍子も忘れずに)

8.6秒バズーカー「ラッスンゴレライ」は歌手のボイトレや楽器の練習にも役立つ! 8.6秒バズーカー

記事を読む

作詞講座

プロ歌手・アーティストに学ぶ「ボイトレだけではダメ」な理由

「どんな歌を歌いたいのか」を考える ボイトレに通って発声練習に励んでいる人を見ていますと、発声フォ

記事を読む

no image

ボイトレの極意:今持っている身体で素晴らしい声を出す

  人気ブログランキングへ   ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人は

記事を読む

no image

本番のために練習するという意識が大事(ボイトレ塾)

人気ブログランキングへ ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人はこちらへ⇦  

記事を読む

no image

2音間の強弱の差(歌唱テクニック)

  人気ブログランキングへ   ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人は

記事を読む

no image

いい声を出す。まずこれが大事(ボイトレ講座)

人気ブログランキングへ ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人はこちらへ⇦  

記事を読む

ボイトレ塾

歌上達のコツ: バラードの上手い歌い方(ボイトレ塾)

音楽には様々な形式がありますが、 とりわけポップスの中で 歌い手に丁寧さをより求められるのが、

記事を読む

no image

歌唱テクニック:アクセントの強弱について(ボイトレ塾)

  人気ブログランキングへ   ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人は

記事を読む

no image

「いつも、頭の中で練習しています。」(歌上達の秘訣)

  (PR)→脚痩せプログラムの決定版(全額返金保障付)←    

記事を読む

no image

見せ方…いや「魅せ方」が凄いんですよ。(ボイトレ塾)

  人気ブログランキングへ   ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人は

記事を読む

m
号泣議員の記者会見に学ぶ発声の仕組み(歌の感情表現)

こんにちは、塾長です。 随分前の話になりますが、不正を働いた市会

m
歌手になりたい!でも就職もするべきか? 進路に悩んだ人向けのお話

今回は、質問コーナーです。 -------------- 今

m
オーディションの面接で審査員に良い印象を与える方法とは?

こんにちは、塾長です。 今日は、読者さんからの質問をご紹介します

m
「アナと雪の女王」の主題歌対決!松たか子 vs. May J.の件

こんにちは、塾長です。 「アナと雪の女王」、観たことありますか?

ボイトレ塾
音痴で悩んでいる人向け!克服の具体的解決法(ボイトレ講座)

歌が上手くなりたい!! と思った時に大きく課題となるのは、

→もっと見る

  • ボイトレ、音楽にまつわる濃い情報をメールマガジンでお届けします。
    もっと知りたい人はこちらへ!
    ↓↓↓↓


  • イマイ…通称「兄ィ」。大柄で一見コワモテだが気は優しくて力持ち。アニソンに造詣が深い。「ミーノ」「マブ」「シクヨロ」が口癖。

    Susie…YouTuber女子。マスク姿の可憐なルックスでビデオブログを公開して人気を博している。

      塾長…ボイトレ担当。「そんな歌い方じゃモテないよ!」が口癖。

      リファリファ…声優を目指すコンビニ店員。以前は塾で英語を教えていたが、英語は話せない。

      イモトハチロウ…男のロマンを追求するライター。空港で遭遇した外タレと友達になるのが得意。
Contact

PAGE TOP ↑