プロ歌手・アーティストに学ぶ「ボイトレだけではダメ」な理由

「どんな歌を歌いたいのか」を考える

ボイトレに通って発声練習に励んでいる人を見ていますと、発声フォームや音程、リズムなど、基礎的なことにじっくり取り組む姿勢で、皆練習していますね。

これがイイ歌が歌えるようになるための土台作りなので、歌が上手くなりたいボーカリストは、基本の発声練習を日常的に、そして継続的に行なっていった方がよいです。

しかし、それだけでは、ダメなんですね。

歌うための身体作りをした上で、

「どんな歌を歌いたいのか」

ということについても同時に考えていって下さい。もしそれがライブや音源の発表のためにある場合、あなたの歌を受け取る相手に、何を伝えたいのか。ここが大事です。

そして、どんなに歌で伝えたいことがあっても、それを表現するだけの技量を持っていないことには、聴く相手に自分のことを理解してもらえません。

だから、歌は上手くなっておく必要があるのです。

ライブで歌ったり、オリジナル楽曲のCDを発表するということは「発信」であり、その発信内容を考え、作り出す作業はとてもクリエイティブなものです。

だから、アーティストと呼ばれる人達は、自分はどんな事を発信したいのか?について、常日頃から考えています。

そして、クリエイティブな自分になるための「インプット」を欠かしていません。インプット、それは具体的にはいろんな音楽を聴いて感じることであったり、小説を読んで文章から何かをインスパイアされることかもしれませんね。

あるいは映画を観るとか、日頃の生活の中から歌詞創作のヒントを得るとか。

 

ボーカリストはインプットが大事です

塾長のレッスンに来るボーカリスト達についても、そのようにクリエイティブな気持ちで日々インプットを続けている人と、歌練習以外のことはあまり興味を持たない、言ってみれば「平凡」な日々を送っている人、といった具合に、雰囲気の違いがあります。

そして、やはりインプットを意識的にしている人は、歌ってみても表現が広く、身体の視覚的なパフォーマンスにも動きがありますね。

端的に言えば、自分の歌う内容や表現に自分自身が興味を持てるかどうか、だと思います。

自分のパフォーマンスに興味があれば、声はもちろんのこと、髪型や衣装、動きも当然気になってきますし、このフレーズの時はこういう声を出したらカッコいいかな…という風に、創意工夫も生まれてくるんです。

やや難しいお話になってしまいましたが、要は、もっと自分のやる事に興味を持ってみよう、ということですね。^^

そうすれば、こんなことやってみようかな、というクリエイティブな感覚も生まれますし、そのために情報を取り込むという「インプット」も自然と始めるものなんですよ。

どうも最近、いい声で歌う、音程よく歌う、ということに重きを置きすぎるマインドの生徒が多い気がしたので、塾長の考えを述べてみました。

まとめますと、

1. もっといろんな音楽に触れてみよう

2. それ以外にも映画や小説など他人の「作品」に触れる生活を送ってみよう

3. 日々の生活の中からも面白いことを見つけてみよう

4. 自分は歌で何を表現したいのか?を考えてみよう

という感じです。

そして、インプットした後はそれを消化してアウトプットしていくわけですが、これはまたの機会に。

(塾長)


 

【NEWS!!】
歌手、シンガーソングライターを目指す人は必見!
作詞のコツやプロの創作手法について作詞家に質問してみました。

プロ作詞家が創作のコツを特別伝授(無料講座)

※メルマガ読者限定企画です。
無料で情報を入手したい方は、コチラからどうぞ。

関連記事

no image

人間が演奏すると必ず「誤差」が生じます(歌上達のコツ)

  人気ブログランキングへ   ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人は

記事を読む

no image

歌とダンスは密接な関係があります(歌上達の秘訣)

人気ブログランキングへ ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人はこちらへ⇦  

記事を読む

no image

発声練習はスポーツと同じ(ボイトレの極意)

人気ブログランキングへ ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人はこちらへ⇦  

記事を読む

ボイトレ塾

歌上達の方法:強弱・抑揚を付けて表現を豊かにする(ボイトレ講座)

ボリュームの大小、アクセントの強弱を意識しよう!(上手く歌うコツ) 今回は、 ボリュームの大

記事を読む

no image

録音した自分の声を聴くことに慣れておきましょう(ボイトレ塾)

  人気ブログランキングへ   ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人は

記事を読む

no image

歌唱テクニック:ボーカルコピーのコツ(歌上達の秘訣)

人気ブログランキングへ ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人はこちらへ⇦  

記事を読む

ボイトレ塾

ボイトレ講座:貴方の歌が音痴・下手に聴こえる3つの理由と克服法

多くのボーカリストが歌練習の時に意外と出来ていない事 今日は、練習曲に取り組む時に大事なこと、

記事を読む

つんく がん 声帯摘出

つんくが喉頭がんで声帯摘出…ボイトレする人の効果的な病気予防法とは?

つんく♂が癌で声帯摘出…声の病気は何故起こる?? 音楽プロデューサーでシャ乱Qのボーカル、つんく♂

記事を読む

no image

ボイトレの極意:今持っている身体で素晴らしい声を出す

  人気ブログランキングへ   ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人は

記事を読む

no image

効果的な息継ぎの方法、知ってますか?(ボイトレ講座)

  人気ブログランキングへ   ⇨発音の良い英語で歌えるようになりたい人は

記事を読む

m
号泣議員の記者会見に学ぶ発声の仕組み(歌の感情表現)

こんにちは、塾長です。 随分前の話になりますが、不正を働いた市会

m
歌手になりたい!でも就職もするべきか? 進路に悩んだ人向けのお話

今回は、質問コーナーです。 -------------- 今

m
オーディションの面接で審査員に良い印象を与える方法とは?

こんにちは、塾長です。 今日は、読者さんからの質問をご紹介します

m
「アナと雪の女王」の主題歌対決!松たか子 vs. May J.の件

こんにちは、塾長です。 「アナと雪の女王」、観たことありますか?

ボイトレ塾
音痴で悩んでいる人向け!克服の具体的解決法(ボイトレ講座)

歌が上手くなりたい!! と思った時に大きく課題となるのは、

→もっと見る

  • ボイトレ、音楽にまつわる濃い情報をメールマガジンでお届けします。
    もっと知りたい人はこちらへ!
    ↓↓↓↓


  • イマイ…通称「兄ィ」。大柄で一見コワモテだが気は優しくて力持ち。アニソンに造詣が深い。「ミーノ」「マブ」「シクヨロ」が口癖。

    Susie…YouTuber女子。マスク姿の可憐なルックスでビデオブログを公開して人気を博している。

      塾長…ボイトレ担当。「そんな歌い方じゃモテないよ!」が口癖。

      リファリファ…声優を目指すコンビニ店員。以前は塾で英語を教えていたが、英語は話せない。

      イモトハチロウ…男のロマンを追求するライター。空港で遭遇した外タレと友達になるのが得意。
Contact

PAGE TOP ↑