坂本真綾 夫・鈴村健一と離婚は本当?2015年ライブはどうなる

 

カラオケに行くと誰かが必ず歌う歌手の方がいます。それは、歌手で声優の坂本真綾さんの歌です!これは、私の周りにアニメが大好きな子が多いからなのかもしれませんが、だれかしら坂本さんの歌を歌っている気がします。

いつか坂本さんの生歌を聞いてみたい!ライブのDVDは拝見したことがあるのですが、やはり一度はその生の声を聞かなければいけませんよね!!

ということで、もうすぐライブを控えている坂本真綾さんについて調べてみました!

 

坂本真綾について アニメからミュージカルまで出来る演技力

坂本真綾

坂本真綾さんは1980年3月31日生まれ、
東京都出身の女優、声優、歌手です。

「マーヤ」という愛称で呼ばれることが多いようです。

坂本さんは子役出身で、8歳の時に劇団こまどりに入団してお仕事をされていました。初めは声優のお仕事では洋画での吹き替えを多くされていましたが、16歳の時に主演したアニメ「天空のエスカフローネ」で一躍有名に!そこからアニメのお仕事も増えたんですね。

アニメで有名な作品といえば、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のルナマリア・ホークや「桜蘭高校ホスト部」の藤岡ハルヒなどがありますが、最近での1番気になる作品・役といえば、「攻殻機動隊 ARISE」の草薙素子です。こちらは士郎正宗さん原作の漫画「攻殻機動隊」の主人公草薙素子らが所属する公安9課が出来上がる前の話なので、続編と言ってもちょっとテイストが異なります。

そして以前に放送をされた攻殻機動隊でのキャストではなく、この作品の為にキャストも全て変えられています。なので坂本さんもこちらで初めて草薙素子を演じられたんですね。

2013年に放映された4部作の映画をテレビ用に再構成しての放送だということなので、映画を見る機会がなかなか持てなかった私には嬉しいことです。でもアニメをみたら、映画の迫力ある映像を見たくなってしまいそうですが。

活動の場は声優だけではありません。演技力、歌唱力が認められてミュージカル「レ・ミゼラブル」にも出演経験がおありです。さらには、エッセイを書かれたり、作詞などもされるそうで本当に多彩な方なんですねぇ。
 

歌手デビュー20周年!ライブはどうなるの?

坂本真綾

坂本さんはアニメデビュー作の「天空のエスカフローネ」のオープニングテーマソングで歌手活動も本格的に始動されています。

その透明感溢れる歌声と音楽センスが作曲家の菅野よう子さんの目にとまり、彼女のプロデュースにより歌姫の階段を駆け上って行かれたんですねぇ。

この頃の有名な曲といえば、「Gift」や「プラチナ」などなどありますが、どちらも漫画家のCLAMPさんの漫画がアニメ化した際に使われています。

私はこの曲が使用された元の漫画が大好きで、アニメも借りて見ていました。「CLAMP学園探偵団」に「カードキャプターさくら」という作品なのですが、どちらも心が優しくなれるお話がたくさん詰まっていますので、読んだことが無い方、アニメを見たことが無い方にはとてもおすすめです。

と、そんな素敵なアニメを歌唱面で支えてくださった坂本さん。菅野さんの手を離れた後もセルフプロデュースでミュージシャンとしての腕を磨いてこられて、今年が歌手活動20周年だそうです。これはめでたいことこの上ない!

15周年の時は日本武道館で1万3千人を動員し、見事ライブを成功させました。20周年の今年はさいたまスーパーアリーナでのライブが予定されています。こちらをスタジアムモードでしようした場合、最大2万7千席(フィールドにも座席を設置すればもっと増えるそうですが)だそうなので、歌手として順調に道を歩まれていることを実感しますね。

 

坂本真綾と鈴村健一が離婚?真実は?

坂本さんは同じ声優の鈴村健一さんと2011年に結婚をされていて、当時もしっかりと公式サイトにて報告をされています。

鈴村さんは、アニメをメインに歌手活動も積極的にされてる方で、主な出演作には「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のシン・アスカや「うたの☆プリンスさまっ♪」の聖川真斗などがあります。

この機動戦士ガンダムSEED DESTINYで坂本さんと鈴村さんは共演されていて、されには恋人役を演じられていたんです!

物語でも恋人を演じて、私生活でも恋人になっちゃうなんてなんだかロマンチックじゃないですか?

お2人が共演されているラジオを聞いていても、やり取りが可愛い!結婚されているのを知っているせいかもしれませんが、こうやって仲の良い姿を見ることが出来ると、ファンとしては幸せな気持ちになります。

ですが、そんな順風満帆なお2人にも試練の時はあったようで…。なんでも、お2人が出会ったときには既に鈴村さんに恋人の様な方がいらっしゃったようで、それが世間に「二股」という言い方で流出してしまい離婚するのではないか?と噂が囁かれていたのです。

ですが、このことは坂本さんもご存知だったようで、鈴村さんの気持ちが自分のところに来るのをひたすら待っていたようなのです。

と、坂本さんもご存知ということは今更こういった話で離婚を決意されることは無いと思われます。

人を好きになるとそれだけで何かしらのドラマが生まれうものですが、人の目を引きるける芸能の仕事をされているお2人なら尚の事、乗り越えなければいけない壁も多かったことでしょうね。

ですが、その壁を乗り越えて一緒になられたのですから、その絆はきっと深いものに違いないですね!

現在も声優に歌手にと多忙なお2人ですが、お仕事の活躍だけではなく仲の良いお姿も見せて欲しいですね。

(Susie)

関連記事

能登麻美子

能登麻美子の歌と声を分析!リリカルなのはのアインハルト・艦これ他

「魔法少女リリカルなのはvivid」で能登麻美子が演じるキャラがイイ! 現在ではvivid意外にも

記事を読む

田村ゆかり

田村ゆかり(年齢17歳)が引退?ブログの「別れの年」は結婚の事?

  ツイッターやブログを見ていると、時々こういったところからSOS信号を発信している

記事を読む

石田彰

キャベンディッシュの声優・石田彰…BLCDでは腐女子のアイドル?

「ワンピース」にも出演の石田彰を、語る! 声優・石田彰さん・・・「アスラン・ザラ(機動戦士ガンダム

記事を読む

ダンまち

ダンまち7話あらすじ…ヘスティアの水瀬いのりはあまちゃんも出演!

「ダンまち」第6話感想 アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」リリ回の後半戦

記事を読む

小倉唯

声優小倉唯のストロベリージャムが4位に!激おこやパパ疑惑も話題に

小倉唯の初アルバムがオリコンウィークリー4位! 「袴田ひなた(ロウきゅーぶ!)」「ユノハ・スルール

記事を読む

road_044_article3-02

野沢雅子と愛川欽也が共演「いなかっぺ大将」のOPは天童よしみ!

キンキンの訃報に「頭がパニック」と野沢雅子がコメント 先日お亡くなりになった俳優・愛川欽也さん。

記事を読む

子安武人

声優・子安武人の声真似を練習すると杉田智和になった件(似てる!)

子安武人と杉田智和が似てる? 私が声優・歌手を志望する切っ掛けとなった声優の一人、子安武人さん。

記事を読む

ワンパンマン・タツマキ

悠木碧が声優のワンパンマン・タツマキがかわいい!ブラストの正体は?

元はアンパンマンのパロ!?アニメ化決定の「ワンパンマン」 ある事件をきっかけに3年間過酷なトレーニ

記事を読む

緑川光

緑川光は歌が下手?声優としての声やBLCDの受け演技はどうなのか

緑川光の歌唱力の件 「ヒイロ・ユイ(新機動戦記ガンダムW)」「流川楓(スラムダンク)」「ゼルガディ

記事を読む

諏訪部順一

声優・諏訪部順一が歌うキャラソンのおすすめ曲は?裏名も気になる!

  この頃、お手紙を書く機会が増えてきています。友人に書く分には気持ちを込めることし

記事を読む

m
号泣議員の記者会見に学ぶ発声の仕組み(歌の感情表現)

こんにちは、塾長です。 随分前の話になりますが、不正を働いた市会

m
歌手になりたい!でも就職もするべきか? 進路に悩んだ人向けのお話

今回は、質問コーナーです。 -------------- 今

m
オーディションの面接で審査員に良い印象を与える方法とは?

こんにちは、塾長です。 今日は、読者さんからの質問をご紹介します

m
「アナと雪の女王」の主題歌対決!松たか子 vs. May J.の件

こんにちは、塾長です。 「アナと雪の女王」、観たことありますか?

ボイトレ塾
音痴で悩んでいる人向け!克服の具体的解決法(ボイトレ講座)

歌が上手くなりたい!! と思った時に大きく課題となるのは、

→もっと見る

  • ボイトレ、音楽にまつわる濃い情報をメールマガジンでお届けします。
    もっと知りたい人はこちらへ!
    ↓↓↓↓


  • イマイ…通称「兄ィ」。大柄で一見コワモテだが気は優しくて力持ち。アニソンに造詣が深い。「ミーノ」「マブ」「シクヨロ」が口癖。

    Susie…YouTuber女子。マスク姿の可憐なルックスでビデオブログを公開して人気を博している。

      塾長…ボイトレ担当。「そんな歌い方じゃモテないよ!」が口癖。

      リファリファ…声優を目指すコンビニ店員。以前は塾で英語を教えていたが、英語は話せない。

      イモトハチロウ…男のロマンを追求するライター。空港で遭遇した外タレと友達になるのが得意。
Contact

PAGE TOP ↑